シンプル・バジルペーストの作り方

昨日の続きで、バジルペーストの作り方をアップします。本来の作り方は、バジル、オリーブオイル、にんにく、松の実、チーズなのですが、うちのはチーズが入りません。最近のイタリアンのシェフの間では、ペースト自体にはチーズを加えない方、松の実も省くという方も多く、シンプルで軽い仕上がりのものが主流のようです。このほうが、いろいろな料理に使えますし、チーズなしのほうが保存も効くし、色もきれいに仕上がりますよ!

シンプル・バジルペースト
b0116162_2331853.jpg

作り方 大きめのジャム瓶1瓶分ほど
バジル 2パック(約50g)
グレープシードオイルまたはオリーブオイル 適宜
塩 大さじ1/3~1/2
にんにく 小2かけ →皮をむいて半割り、中心の芽を取り除いて。
ナッツはあるもので 松の実なら大さじ2ほど くるみなら4~5粒 ピーナッツでもアーモンドでも ただし、塩味のついてないものが好ましい

作り方
1 バジルは洗わずに、濡れふきんでふき、葉を摘む。
2 フードプロセッサーににんにく、塩をまずかけてつぶす。バジルの葉の1/3、ナッツを加えて攪拌したら、オイル大さじ3ほどを加えてさらに回してつぶす。
3 側面についたものはゴムベラで落とし、残りの葉とオイル大さじ7ほどを加えてペースト状になるまで攪拌する。瓶などに移し、空気を遮断するためにペーストの上にオイルを入れて張り、冷蔵庫で保存する。

ポイント
b0116162_2342281.jpg

始めからバジルの葉をフードプロセッサーにかけてるとすべってしまい、刃にひっかかりません。塩とにんにくをつぶしてから入れると、すべらずにうまく回りますよ。葉は一度に入れるとムラができるので、2回ほどに分けるといいですよ。松の実がなくても、くるみでもアーモンドでも手に入るもので十分です。オイルはオリーブオイルが本式ですが、オリーブオイルは冷蔵庫で保存したとき固まってしまい、すぐに使おうというとき不便なので、私は冷えても固まらない、グレープシードオイルを愛用しています。

*******************
昨日から、伊豆にきています。実家が静岡なので。東京と比べると、朝夕は涼しいので、やっぱり過ごしやすい~。魚も果物のおいしいし、やっぱいいわ~。近所の魚屋さんで刺し身の盛り合わせを作ってもらい、夕飯にいただきました。バジルペーストを小瓶に入れて持ってきたので、わさびじょうゆ&バジルソースのカルパッチョの両方で楽しめました。

2つのランキングに参加しています。
応援どうかよろしくお願いいたします。
励みになります。にほんブログ村 料理ブログへ
こちらもよろしくクリックお願いします。
b0116162_235157.gif

[PR]
by amase-hikari | 2007-08-15 23:08 | 野菜料理・洋・イタリアン
<< バルサミコ・グリーンサラダ たことじゃがいものスパゲッティ... >>