さんまと梅とかつお節の混ぜご飯

さんまが季節ですね。さんまはやっぱり塩焼きが一番おいしいと思います。息子が大好きでたくさん食べるので、いつも人数分より多めに焼きます。なので、半身分残ったりすることがよくあるんです。さんまの塩焼きの残りって、次の日レンジでチンして食べるとけっこう味気ないかも…。1日経っただけで、人気も落ちちゃって、さんまもかわいそう。
これは、そんなさんまの残りを使った混ぜご飯です。一度試しに作ったら夫に好評だった、最近のプチヒットですかね。
さんまと梅とかつお節の混ぜご飯
b0116162_1294163.jpg


さんまの塩焼き半身分でだいたい2人分がちょうどいいかと思います。
ごはんは炊きたてでも、冷凍ご飯をレンジで温めたものでも。とにかく熱々なもので。

さんま塩焼き半身 ごはん茶碗2杯強 梅干し大1個 かつお節好みの量 青しそせん切り、白ごま
①さんまは骨や皮をしっかりと除いて、身を大きくほぐして、梅干しは果肉を包丁で刻んで細かくして。 ② 熱々ごはんにさんまの身、梅干し、かつお節を混ぜ、器に盛って、しそ、ごまをふるだけ。

この料理は、大阪の割烹料理のご主人に教えていただいた、「梅とかつお節の混ぜご飯」がもとの料理です。土鍋で炊いた白いご飯に、たたき梅とどっさりの削りたてかつお節、しょうゆ少々を入れて混ぜるんですが、これがとってもおいしいんですよ。ご主人は「ねこまんまみたいでしょ」と謙遜していらっしゃいましたが。家でも真似してよく作っていて、たまたまそこにさんまを入れたというだけの話です。 梅の酸味とさんま、なかなか相性いいですよ。
夫は気に入ったようで、ビールのつまみでまずさんまの半身を食べ、残りの半身は、この混ぜごはんにして食べるようになりました。簡単なので、ぜひお試しください。
そうそう、この混ぜご飯を食べた後、なぜか渋めの日本茶が飲みたくなります。お茶漬けにしてもいいのかもしれませんね。今度やってみます。

2つのランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
クリックしていただければうれしいです→にほんブログ村 料理ブログへ
こちらもよろしくお願いします↓
b0116162_12451193.gif

[PR]
by amase-hikari | 2007-09-06 12:50 | ごはん・パスタ
<< ぶどうのブルスケッタ・生ハム秋... 漬け丼・超忙しかった日のごはん >>