プロフェッショナルな作り方・ボンゴレスパゲッティ

あさりのパスタ、スパゲッティ・ボンゴレが大好きです。今日は、少しプロっぽい作り方をアップしたいと思います。この方法にすると、ソースがねっとりパスタにからまり、麺があさりのだしをよ~く吸って、レストランで食べるようなリッチな味に仕上がります。材料には特別なことはなく、ほんのちょっとの手間なんですが。よかったらお試しください!
今回はプチトマト入りにしましたが、シンプルにあさりのみでも作り方は同じです。
スパゲッティ・ボンゴレ

材料 2人分
あさり 大1パック(300~350g) →よく砂抜きさせてください
パスタ(リングイネまたはスパゲッティ)160g
プチトマト 10個ぐらい
にんにく 1かけ →半分に割り、中心の芽を除いてつぶす
オリーブオイル 大さじ1~1.5
イタリアンパセリ(なければパセリ) 適量 →みじん切り
塩、こしょう 各適宜


① フライパンにオイル、にんにくを入れて弱火にかけ、にんにくを炒める。香りがたったら、あさり、プチトマトを加え、ふたをして、あさりの口が開くまで蒸し煮にする。白ワインがあれば、ここで加えても。この分量なら大さじ3くらいかと。
② あさりの口が開いたら、火を止め、具材のみを全部一度取り出す。



③ たっぷりの熱湯に塩適宜(湯2リットルに塩大さじ1~1.5くらい)を加え、パスタを表示よりも3分短めにゆでる。この間にあさりの殻を半分ほどむいておくと食べやすく、見た目もきれいになります。

④ ②のフライパンにパスタのゆで汁お玉2~3杯分を加え、固くゆでたパスタを入れ、中火で2~3分混ぜながら煮る。
ここがプロのテクニック。めんがあさりのだしを吸い、汁もねっとりとからまります
パスタが好みのやわらかさになったら、具材を戻してざっと混ぜて温め、パセリをふって器に盛る。塩味は最後にととのえ、好みでこしょうをふって。

このテクニックはかれこれ15年以上前、元リストランテ・ヒロのシェフの山田宏巳さんに教えていただきました。イカ墨のスパゲッティや、渡りがにのスパゲッティなどで、ソースをねっとりからませるやり方として、素人にもやりやすい方法で教えてくださいました。
このテクニックで作ると、ほんとにレストランの味になりますよ。

*本日は防災訓練のため、息子は早帰り。お弁当はありませんでしたので、お弁当日記はお休みです。また明日!

2つのランキングに参加しています。気に入っていただけたら応援ヨロシクお願いします。
こちらをクリックしていただけるとうれしいです→にほんブログ村 料理ブログへ
こちらもよろしくお願いできれば↓




■  [PR]
by amase-hikari | 2007-09-12 17:21 | ごはん・パスタ
<< 野菜のエチュベ・アスパラガスの蒸し煮 ぶどうのシャーベット >>