カテゴリ:野菜料理・洋・イタリアン( 21 )

空豆のグリル&ペコリーノチーズ

こんばんわ。
久しぶりの真面目な?料理ブログです、今日は。

3月ももう後半。おにいちゃんは春休みに入りました。
スーパーの店先にはおいしそうなみずみずしい春野菜がいっぱい。
私は、グリンピースと空豆が好きなので、この季節はよく買います。
で、本日は空豆で、私が頻繁に作る料理をアップしますね。
すっご~~く簡単! だけど、とってもおいしいんですよ。

b0116162_2182580.jpg

空豆のグリルです。
この季節、さやつきの空豆じゃないとこの料理はできないんです。
さやごと、グリル版(なければ焼き網とか鉄のフライパンとかでも)に並べて、ただ焼くだけ。
コレだけです!
弱めの中火くらいで、さやがしんなりして、焦げ目がつくくらいまで焼けばOK!
さやごと焼くことで、中の豆が、ちょうど蒸し焼きの状態になるんです。 だから、ゆでるより水っぽくなく、豆の旨みや甘みが抜けません。
私はこの方法を知ってから、ゆでて食べることがなくなりました。

そのまま何もつけずに食べてもおいしいですが、チーズと合わせると、イタリア・トスカーナ風の前菜になります。
チーズはパルメザンやペコリーノなど、ちょっと塩分が強いものが合うと思います。
夫はこれが大好きで~す。 ワインのつまみにはもってこい!

さやつ空豆がある時期しかできないので、よかったら、お試しください。

ただ今深夜の2時半、本日からスキー&温泉で、秋田に行ってきます!
今年最後のスキー! 滑るぞー!
乳頭温泉、水沢温泉の近所の宿なので、温泉がホント楽しみ!
では行ってきます!

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by amase-hikari | 2008-03-23 02:32 | 野菜料理・洋・イタリアン

アンチエイジング・ひじきと豆と野菜のサラダ

忙しくて、気がついたら、ひな祭りも終わってしまってました~。
みなさんのブログを読ませていただいて、
そうだった~!と気がついている私であります。
昨日、おにいちゃんに、
「 今年はひなあられ食べなかったね。うちは結構好きなんだよね」 と言われ、 
ピアノの帰りに、デパ地下をぐるぐる探してみましたが、一日過ぎただけとはいえ、ひなあられなど陰も形もなく、 世の中、すでに 「ホワイトデー」 に向かってました~。

さて、昨日作ったサラダです。
b0116162_1455043.jpg

生のひじきで作りました。
パックにたくさん入っていたので、常備菜用に煮物にした残りで、サラダにしてみました。
b0116162_1527865.gif

このところ、仕事でアンチエイジングの料理というものをやっています。
アンチエイジングには、食物繊維&体にいい油 が大切だ! と世界的にどの学者もいっているようです。
そんな情報が頭にすり込まれているので、スーパーでも、食物繊維が多そうな食材をついつい選んでしまう今日この頃!
アンチエイジング、アンチエイジング……。 子持ちの母にとっては、呪文のように唱えてしまう、きれいになれそうな言葉ですよね。

なので、このサラダもアンチエイジングの理論にのっとって、作ってみました~。
ひじき → ミネラルも豊富だし、食物繊維もたっぷりです。 煮て食べるのが一般的ですが、生でサラダにしてもとってもおいしいです。 それに色がきれいです。
ひじきに、生のかぶとトマト、そして大豆(水煮の缶詰めです)を合わせて、塩、こしょうして、レモン絞って、オイルでマリネしてあります。
オイルは、話題のオメガ3系のオイル・アマニ油を使ってみました~。 でもエキストラ・バージン・オリーブオイルでも十分だと思います!

わが家はごはんは、七分づきのお米に雑穀を加えて炊いています。
雑穀もアンチエイジングの食材として注目されているということです。
おかげさまで、便秘とは無縁ではありますが……。
これで、きれいになれるなら、一生懸命たべちゃうぞ! と思う母なのであります。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 料理ブログへ

レシピブログ
[PR]
by amase-hikari | 2008-03-05 15:29 | 野菜料理・洋・イタリアン

ピンクにそまります・赤カブのピクルス

先週の金曜日は、うちはカレーでした。
カレーはもうごくごく普通のもので、もちろんカレールウで作ります。
そのカレーに添えようと、作ったのがピクルスです。
b0116162_14472987.gif

買い物に行ったとき、スーパーの見切り品コーナーに、赤カブがあったんです。
一袋、なんと100円! 大きな赤カブが7個も入っています。

私は見切り品コーナーが大好きです。
特に、デパ地下とか、紀ノ国屋さんのような高級スーパーの見切り品コーナー。
普通のスーパーにはなさそうな、珍しい野菜とか果物とかが、ときどき見切り品に並んでいるからなんです。
たとえば、この間は、いちご。いちごも最近は産地のブランドいちごが大人気。
私は静岡・伊豆産の紅ほっぺが好きなんですが、東京ではあまり見かけません。 あっても高いし。  でもときどき、デパ地下の見切り品コーナーに残ってたりするんです。  そんなときは、迷わずゲット!  
そういえば、この間は、ドリアンがありましたよ!  う~ん買ってみようか……。 かなり迷ったけれど、これはやめましたけどね。
            ■     ■     ■
さてさて、赤カブをどうやって食べようかと考えて、ピクルスにしました!
b0116162_14333376.jpg

全体的にピンクに染まって、見た目も可愛いですよ。

皮の赤を生かしたいので、固くて汚い部分のみむいて、基本的には皮はむかないで。
適当な大きさに切って、塩をふってかるくもんでおいておきます。

その間に、ピクルス液を作ります。
私はリンゴ酢を使うのが好きです。リンゴ酢はそれ自体、酸味が優しくて甘いので、砂糖を加えなくてもいいくらいだからです。
リンゴ酢1に対して、半量の水を加えて、塩少々加え、鍋で沸騰させて、火を止めます。
香辛料を加えたい方は、粒黒こしょうやローリエを加えて。 味をみて、甘みが足りないときは砂糖を加えてください。

赤カブは出た水気を絞り、密ぺい容器などに詰め、ピクルス液’熱いままでいいです)を注ぎます。1時間ほど漬ければ、もう食べられますが、1日以上漬けたほうがおいしいです。
冷蔵庫で保存を。

ラディッシュ、パプリカとか、赤玉ねぎで作っても、色がきれいでかわいいピクルスができると思います。


ランキングに参加しています。
           にほんブログ村 料理ブログへ
レシピブログ
[PR]
by amase-hikari | 2008-01-28 14:52 | 野菜料理・洋・イタリアン

忙しい日のマカロニポテトサラダ

こんばんわ!
ここ3日ほど仕事が立て込んでいて、やっとブログのほうに手をつけたという感じなんです。
なので、ごはんもかなり手抜き、いい加減。
一昨日はデパ地下でほとんど買ってきたし、昨日はスパゲッティをゆでてツナとプチトマト、のりをあえただけのパスタだったしな……。
今日は、お肉焼いて、あとはこのサラダを作りました。

b0116162_23261099.jpg

鍋ひとつで、固いものから順に湯の中に入れていって、ゆでるだけです。

まずは湯を沸かして塩少々入れます。ショートパスタ入れて、4つ割りくらいに切ったじゃがいも、ひと口大のにんじん、スナップえんどうの順で入れました。とにかく茹で上がりが同じになればいいんです。

ゆで上がったら水気をきって、じゃがいもに塩けが足りなければ、塩少々ふってください。
冷めたら、ハム加えて、ビネガーとマスタード、砂糖少々を混ぜたドレッシングであえます。

これだけでもボリュームがあるので、たっぷり作るとそれなりのおかずになっちゃいます!

b0116162_23362861.gif

今月いっぱいは仕事が立て込んでいるので、ブログの更新もゆっくりペースになります。
すみませんが、お付き合いくださいませ。  アマセ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 料理ブログへ
レシピブログ
[PR]
by amase-hikari | 2008-01-17 23:41 | 野菜料理・洋・イタリアン

焼き野菜のシンプルカレー

こんばんわ! 先日、韓流映画を久々に見たからか、アジアのドラマや映画鑑賞に再び熱がつき、昨日はブログアップもほったらかして、子どもが寝てから夜中3時までDVDを見てしまいました!
ここ3日ほどは、韓流ではなく、華流(台湾・中国系)のドラマを見てますが、ちょっとはまりそうで、かなりやばい! です。
b0116162_21242213.gif

さて、2日前のごはんで恐縮ですが、カレーで~す。
先日ある忘年会のお招きを受け、そのお宅でいただいたカレーが、とっても素敵!だったので、うちでも真似して作りました。
カレーにはほとんど具を入れず、野菜は別盛りにするんですが、その野菜が焼き野菜なんです。
うちでは、ゆで野菜を別盛りにすることもあったのですが、焼き野菜は考えつかなかったので、
「なるほどね!」という感じでした。 焼いたほうが野菜の甘みが凝縮され、かつ香ばしい! 盛り付けによって、おしゃれ感もでるし、カレーにとっても合いますよ!

焼き野菜のシンプルカレー
b0116162_21352162.jpg

カレーは、玉ねぎの薄切りと豚肉(カレー用)のみです。
玉ねぎはたっぷり使い、薄切りをよく炒めて、豚肉も炒めたら、かぶるくらいの水を加えて煮て、カレーのルウを少なめに入れて、少しシャバシャバのカレーを作ります。

b0116162_21415251.jpg添える焼き野菜は、焼いておいしい野菜なら何でも。 このときは、さつまいも、じゃがいも、ねぎ、にんじん、プチトマト、ごぼうです。 さつまいも、じゃがいも、ごぼうはレンジで2分ほど加熱してやわらかくしてから、焼いています。

ズッキーニ、なす、ラデッシュ、しいたけ、エリンギ、パプリカなどでもおいしいと思います。

忘年会でいただいたカレーは、ルウを使わず、野菜のとろみだけで煮た本格的なインドカレーでした。私は時間もなかったので、簡単にルウを使ってしまいましたが、次はルウを使わず、そして肉も入れず、ベジタリアンカレーに仕上てみたいな~と思っています。

b0116162_21483155.gif

さて、ここ3日ほどはまってみている華流ドラマがコレ
b0116162_21573957.jpg
日本名のタイトルは、「silence」。 
これは、中国・台湾での販売用です。 実は1年半ほど前から中国語を習っていて、中国語の教室でDVDを借りてきました。

中国語のDVDって、おもしろいことに、必ず中国語の字幕がついてるんですよ。 中国にはいろいろな民族や言葉があるから、普通語の北京語のDVDには字幕がつくんですね、きっと。

この字幕、中国語を勉強する外国人にとっても、大変役立ちます。
1年半ほどしか勉強していない私でも、中国語字幕をがんばって追っていくと、華流ドラマもだいたいのあらすじがわかっちゃうんですよ、これが。 漢字がわかる日本人の強みなんですよね。

でもいくら勉強のためとはいえ、最後まで観られる、興味のある内容じゃないとつらいですよね。で、先生にどれがいいですかと聞いたんです。 そしたら、この「silense」を勧められました。
これだったら、おもしろいし、展開がゆっくりだから最後まで観られるよって。 他の生徒さんからもこれがいちばん評判がいいよって。 で、その言葉を信じて、観始めました。

そしたら、もう、大泣き! 私の大好きな、べたべたな悲恋物語。 身分違いの恋、そして不治の病の恋人……。 そして、主人公の恋人がなかなかかっこいい! 
とりあえず、中国語では観終わったんですが、やっぱりね、細かいところがぜ~んぜ~んわかんないので、昨日ツタヤに行って、日本語字幕も借りてきちゃった!
今日は、日本語字幕で観ます~!

ランキングに参加しています。 クリックして応援してください。
にほんブログ村 料理ブログへ
レシピブログ
[PR]
by amase-hikari | 2007-12-22 22:35 | 野菜料理・洋・イタリアン

はちみつドレッシングの温野菜サラダ

こんばんわ。 土日はうちは特にでかけることもなく、家にいました。でも、息子は、近所の友達の家に遊びに行ったり、反対に友達が遊びにきたり、大忙し。本当は原宿にミルクの洋服を買いに一緒に行こうかなと思ったのですが、親と出かけるより、友達と遊ぶほうがいいみたいですよ。 ちょっとさみしい母でした。

さて、土曜日の夕ご飯に作ったサラダです。 昨日の献立は、鶏の唐揚げ、↓の温野菜サラダ、冷ややっこ、みそ汁 でした。
息子は、生野菜のサラダがいまだに苦手。少しずつは練習してはいますけれどね。 なので、温野菜のサラダのほうがよく作ります。 &、息子はマヨネーズもあまり好きではないので、塩かけて食べるか、オイルと酢で簡単なドレッシングを作るかなんです。 この間買った、みかんの花のはちみつを料理に使いたくて、ドレッシングにしてみました。

はちみつドレッシングの温野菜サラダ
b0116162_19342790.jpg

野菜は加熱しておいしいものなら、なんでも!
ドレッシングは、普通のフレンチドレッシングにはちみつを加えたものです。 砂糖よりもくせがありますが、香りがいいです。 温かいときより、冷めてからのほうがぐんと香りがでるので、できれば15分ほど漬けてから食べたほうがおいしいですよ!

b0116162_19403743.jpg
今回はすべて茹でて作りました。 卵、にんじん、じゃがいも、いんげん。 時間のかかるものから、時間差で入れていけば、ひとつ鍋で調理は終了。 洗い物もラクです。



b0116162_1944527.jpg
ドレッシングの材料は、 ワインビネガー(できれば赤ワインビネガー)大さじ3、はちみつ大さじ1、 オリーブオイル大さじ2、塩少々 の割合です。これは少し甘めです。

あとは茹でた野菜をドレッシングであえ、冷めるまでおいたら器に。ゆで卵ものせて。

今回は全部野菜を茹でましたが、焼きトマトや、春なったら焼きたけのことかね、焼き野菜にも合いそうなので、また作ってみようと思います。


と、夕食が出来上がったのに、いくら呼んでも、息子が来ない、返事がない!
「おにいちゃ~ん、おにいちゃ~ん。ご飯、ご飯、唐揚げ冷めちゃうよ~~」。

と、様子を見に行くと、マンガを読んでると思ったら、ソファーで, zzzzzzz………。
寝てんのかよ! おい!
結局、30分ほどして起きて食べましたけどね~。
せっかく好きなおかずなのにさあ。 と、ちょっぴり残念な母でした。

ランキングに参加しています。 
にほんブログ村 料理ブログへ ←サラダは体にいいですよ~
b0116162_2041437.gif ←ビタミンいっぱいのサラダを食べよう!
[PR]
by amase-hikari | 2007-12-09 20:12 | 野菜料理・洋・イタリアン

ブラッスリーのワンディッシュ・ポテトのミルクチーズ焼き

こんばんわ。 あ~、やっとブログを更新できます。12月になってバタバタ忙しく、昨日やろうと思ったものが、こんなにも遅くなってしまった…。ブログを続けていくのってなかなか根性がいるもんだと思う今日この頃。 振り回されないよう、手のあいたときにやっていこうと思ってますが、みなさんの、続けていくためのコツがあったら、ぜひ教えてくださ~い!

さて、先日、友人と渋谷でランチをしたお話をしましたが、そのときに食べたのが、下のような1品でした。前菜もなく、1品でドカーンとボリュームがあるワンプレートスタイル。 パリの大衆的なカフェやブラッスリー風というんでしょうか、これはこれでかっこいい!と思ったので、そのまんま、見たまんま真似してみました。 
ちょうどスーパーで、ポークソテー用の豚肉がお買い得だった!というのも作りたくなった要因ですけどね。 

ブラッスリーワンディッシュ
b0116162_20481423.jpg

●ポークソテー 
ポークソテー用の豚肉に塩をふり、薄く油を敷いたフライパンまたは、グリル板で、こんがり焼きます。 ソースはなし、マスタードでいただきます。
●ゆで野菜
好みの野菜を塩を加えた湯で、茹でたものです。

と、ここまではシンプルなものなので、今回はじゃがいものチーズ焼きをアップします。

●じゃがいものミルクチーズ焼き●
材料 3人分 
じゃがいも 2個 →皮をむいて1~2㎜ほどの薄切りにして、使うまで薄い塩水につけておく。
塩 ふたつまみ~さんつまみくらい
こしょう 少々 
おろしにんにく 小ひとかけ分くらい →好みで
牛乳 1/3~1/2カップ


b0116162_20573621.jpg薄切りじゃがいもは水気をきってグラタン用耐熱皿に入れ、塩、こしょう、好みでにんにくをのせます。牛乳は、じゃがいもの高さの1/3くらいを目安に入れてください。このあとレンジで加熱するので、入れすぎるとあふれて大変なことになるので~!

ラップをふんわりとかけて、電子レンジで約4分チン!
 牛乳がぶくぶくいってあふれそうなら、少し様子をみて休ませながらお願いします。

b0116162_211239.jpg
チーズはスライスチーズでも、ピザ用チーズでも。今日は両方あったので、混ぜてみましたが。










オーブントースターで10分。 オーブンなら180度で7~8分。

b0116162_21142095.jpg

オーブントースターはサーモスタットがついていると、焼き色がきれいにつかない場合があります。そんなときは、魚焼きグリルに1分ほど入れると、いい焦げ目がつきますよ~。↑の焦げ目も魚焼きグリルでつけました!

ポテトのほうはレンジとオーブントースターにお任せ!でできるので、その間に野菜ゆでて、肉焼いてとすれば、20分あれば同時にできあがります。

ランキングに参加しています。食べたい方!どうぞクリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログへ ←ここをクリック!
b0116162_21282692.gif
←こちらもクリックお願い!
[PR]
by amase-hikari | 2007-12-07 21:31 | 野菜料理・洋・イタリアン

イタリア風オムレツ・じゃがいのフリッタータ

こんばんわ! 昨日アップしたかったのに、また日付をまたがってしまいました。
目標はいつも夕方にアップすることなんですが、なかなか難しいですね。
まあ、自分のペースでやっていきますので、よろしくお願いします!

さて、本日は、イタリア風のオムレツ。具沢山のオープンオムレツなのですが、フリッタータと呼ばれています。
前菜にもなるし、簡単な夕食ならメインにも。軽食にもなります。残ったら、フランスパンにはさんでサンドイッチにすると、ちょっとかっこいいかも!
うちでは、買い物にいけなかった日に、これがよく登場しま~す。

じゃがいものフリッタータ
b0116162_1191615.jpg

材料 18㎝ほどの小さめのフライパン1台分
じゃがいも 中2個 →皮をむいて適当な大きさに切り、耐熱容器に並べてラップをして、レンジで2分ほど加熱しておきます。
ツナ缶 小1缶
パセリ 適宜 →みじん切り
卵 3個 →ときほぐしておきます
オリーブオイル 大さじ1弱
b0116162_1242057.jpg
レンジでチンしたじゃがいもはひと口大に切り、ボウルでツナ、パセリ、卵を加えて混ぜます。
b0116162_1255762.jpg
フライパンは小さめ(18㎝ほど)のフッ素樹脂加工のものがおすすめです。
中火にかけ、オイルを熱して、卵液を流します。







b0116162_1272957.jpg
すぐに菜箸やゴムベラで全体を混ぜて。混ぜたほうが具のなじみもよくなって、空気が入るのでふんわりやわらかな食感に仕上がります! 
ここがコツかも!





ふたをして弱火にして7~8分ほど焼きます。
b0116162_1414318.jpg
→の感じになったら、ひっくり返しどき!
へらで底の焼き色もチェックしてくださいね! 


ひっくり返しやすいよう、へらで底部分をごしごしっとして離したら、
平らな蓋か、大きめの平らな皿をフライパンにかぶせて、
b0116162_13756100.jpg
エイッ!
フライパンごと返して、オムレツを蓋にのっけてひっくり返し、焼き色を上にして、また戻します!



裏面は蓋をしないで、弱めの中火で3~4分焼けば出来上がり!


ひっくり返すときに少々崩れても、それはそれでご愛嬌で~す。
私もときどき失敗します!
息子がツナ好きなのでツナを入れましたが、別になくてもいいし、ひき肉でもおいしい!
具はじゃがいものほかに、ゆでたブロッコリー、パプリカとか、グリンピース加えてみたり、もうお好みです。

********************
今日は、フランスの友人が一年ぶりに帰国したので、渋谷でランチしました!
私も久々の優雅なランチだったので、楽しかったです。
友人もブログを見てくれていて、撮影に使って!と素敵なキッチンクロスをお土産に何枚もいただきました! シックなのにとってもかわいい! 次回はそれを敷いて写真撮ります! 今から楽しみ! 
パリは今とっても物価が高いんだそうです。 ユーロも強いから、レストランで普通にランチすると、なんと5,000円近くかかるとか! ひえ~。 洋服も高いから、むこうではめったに買わないそうです。「 日本は安くてかわいいものがいっぱいあっていい! 帰ってくると物欲の鬼になる」 んだそうですよ。 フランスを含め、ヨーロッパでは日本のアニメが大ブーム! もちろんゲームも。 お土産に、遊戯王という、少年マンガのカードを頼まれたとか。 遊戯王ね! うちの息子も大好きでカード集めてますから、よーく知ってますよ。 一緒にお土産選んだりして、なかなか面白かったです!


2つのランキングに参加しています! クリックして応援してください!
にほんブログ村 料理ブログへ ←ここをクリック
レシピブログ ←こちらもクリックよろしく!
[PR]
by amase-hikari | 2007-12-04 02:19 | 野菜料理・洋・イタリアン

ほうれん草と鶏肉のクリームグラタン

おはようございます。
本日は学校のバザーです。役員の私は本日一日駆りだされているので、がんばります。たぶん終わったらどっと疲れそうなので、朝早くからアップしちゃいます。昨日も準備で大変だったのです。 でも雨も上がって、よかったよかった、ほんとに。
さて、昨日に作ったのはグラタンでした。クリーム系の料理はあまり作らないのですが、寒くなってくると無性に食べたくなるときがあります。 玉ねぎを炒めて、小麦粉をふってからめ、牛乳を加えて混ぜるだけで、ホワイトソースがだまにならずに簡単にできるので、いつもこの方法です! さっぱりしたホワイトソースですよ!!

ほうれん草と鶏肉のクリームグラタン
b0116162_7205012.jpg

2~3人分  材料 
ほうれん草1/2束  鶏胸肉またはささみ150~200g  玉ねぎ大1/2個  小麦粉大さじ2 牛乳約1.5カップ  塩 こしょう  ショートパスタ80~100g  バター大さじ3ほど ピザ用チーズ適宜
① フライパンにバターを溶かし、みじん切りの玉ねぎを炒める。しんなりしたら、ひと口大に切った鶏肉も加えて炒め、塩、こしょうする。
②火が通ったら小麦粉をふりいれ、弱めの中火で全体に混ぜてからめる。 ここに温めた牛乳を3回ほどに分けて加え、その都度よく混ぜて溶かす。とろみがついたら3分ほど煮込み、塩、こしょうする。
③塩少々を加えた熱湯でショートパスタをゆで、茹で上がる1分前にほうれん草を加えて一緒にゆで、ざるに上げる。
④③を②のソースに加えてざっと混ぜ、グラタン皿に入れ、ピザ用チーズをのせて、オーブントースターでこんがり焼く。


順番としてはこうだけど、ショートパスタをゆでるのに10分以上かかるので、その間にソースを作るようにすると時間ロスがないと思います。
私も久しぶりに作ったんですが、ホワイトソース料理もなかなかいいモンですね。 ワインにも合うし。このときは赤ワインだったけど、白のリースリングとかと一緒に食べたいな~と思ってしまいました。

さて、それではバザーに出陣しますので、この辺で。 昨日下見をしましたが、掘り出し物もいっぱいありました。私も役員の仕事の合間に、掘り出しものをゲットしたいと思います。


2つのランキングに参加しています。 クリックして応援してください。
下のバーナーをクリックお願いします!! ↓
                    にほんブログ村 料理ブログへ     レシピブログ             
[PR]
by amase-hikari | 2007-10-28 07:51 | 野菜料理・洋・イタリアン

残ったポトフで、イタリア風スープパスタ

昨日夕方アップしようとしたら、いくらやってもログインしなくて。もういいかげん頭にきてやめてしまいました。今日は大丈夫、ログインしましたよ。なんなんでしょう。混んでただけなのか。それとも、PCとのなにか不具合なのか。
さて、土曜日にポトフの残りで、イタリア風のスープパスタを作りました。それと、ポトフを食べたとき、一皿分は韓国風にアレンジしたので、それも一緒にアップしますね。

まずはアレンジから。
チキンポトフ韓国風バージョン
b0116162_13185278.jpg


前回のチキンポトフに、コチュジャンそ添え、汁に溶かします。好みで粉唐辛子をふったり、糸唐辛子を添えて。
これだけで、私は(辛みに弱いです)けっこう辛いです。韓国風にすると、ごはんと一緒に食べたくなるから不思議ですよね~。












さて、残ったポトフで。
肉は食べてしまい、野菜と汁が残ることが多いので、汁をこして水を足し、味を整えて、ラーメンのつゆにしたりもします。 今回は、そこまで量がなかったので、パスタ・イン・ブロード、イタリア風のスープパスタにしました。

パスタ・イン・ブロード
b0116162_13303131.jpg
よくだしの出たスープに、少々のパスタと、少しの野菜で、ミネストローネ風にいただく料理です。 イタリアでは、風邪ひいたときに、日本のおかゆのような感じで食べたりもするみたいですよ。
使うパスタは、ショートパスタや、スープ用の細かいパスタ、または、カッペリーニなどのごく細いパスタを折ったもの。 市販のラビオリとかもいいですよね。 いちばんかっこいいのは、手打ちパスタかな~。


昔、中部・イタリアのマントヴァの郊外にある、「Dal Pescatore 」(ダル・ペスカトーレ)というレストランで食事をしたとき、パスタ・イン・ブロードを食べました。 鴨で取ったスープに、手打ちパスタと、細切りの少々の野菜が入っていて、驚くほどシンプルだったけど、驚くほど滋味深くて、その潔さとかっこよさにすごく感激したことがありましたね。

さて、今回は軽い食事代わりなので、、家にあったショートパスタをゆでて、残ったスープ(量によって、水を足して味を整えて)に入れて少し煮ました。残った野菜も刻んで、きのこを足したりして、野菜スープにパスタが入ったみたいな感じにしました。
日本にはスープスパゲッティというのがありますよね。それをショートパスタに変えたような感じでしょうか。 
イタリア風のスープパスタ、おいしいのはもちろん、体がとっても温まるので、これからの寒い季節におすすめのパスタ料理です。

2つのランキングに参加しています。気に入っていただけたら、応援よろしく!
クリックしていただけるとうれしいです→にほんブログ村 料理ブログへ
こちらもクリックお願いします! → レシピブログ
[PR]
by amase-hikari | 2007-10-22 14:13 | 野菜料理・洋・イタリアン