カテゴリ:魚料理・洋・イタリアン( 7 )

ぶりのステーキ・洋風照り焼き風

こんばんわ!
今日はぶりでした。冬は寒ぶりがおいしいですよね。スーパーで特売してました!
ぶりは塩焼きも照り焼きも作りますが、昨日は、ちょっとレストラン風に仕上げました。
といっても見かけだけで、しょうゆを使っているので、ごはんと一緒にいただきました。
b0116162_2320725.jpg

ぶりは、塩を両面にふって10分ほどおいておきます。

この間につけ合わせを作ると効率的。
今日は、さつまいも、れんこん、スナップえんどう です。
これは先日、仕事仲間とイタリアンレストランでランチした際、メインの付け合せがさつまいもとれんこんで、なかなかいい感じだったので、さっそく真似しました。
野菜はただオリーブオイルで焼くだけです。さつまいもは時間がかかるので、あらかじめレンジで丸のまま3分ほどチンしてから切って焼きました。

焼いた野菜を器に盛ったら、あいたフライパンに、しょうゆ大さじ3、はちみつ大さじ1、酢大さじ2くらいの割合で入れて、一度煮立たせて、ソースを作って取り分けておきます。

フライパンを一度洗い、オリーブオイルとにんにく(薄切り)を炒めたところに、ぶりを入れて、黒こしょうをふって、両面こんがりと焼きます。
ぶりを付け合せを盛った器に盛り、しょうゆはちみつのソースを全体にかけます!

しょうゆ、はちみつ、酢のソースは甘酸っぱいので、ちょっと照り焼き風な感じの味わい。
焼いたれんこん、さつまいもにもこのソースがなかなか合いました。

もっとイタリアンにしたい方は、バルサミコを煮詰めたソースにするのもありです!

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 料理ブログへ
レシピブログ
[PR]
by amase-hikari | 2008-02-18 23:53 | 魚料理・洋・イタリアン

スカンピのグリル

年末のことなんですが、
静岡の義理の姉から、素敵なものが送られてきました!

じゃーん! 駿河湾で獲れたての、手長エビです!
b0116162_10453056.jpg

レストランや料亭、寿司屋さんなどに主に出回るため、なかなか一般市場には出ないのです。
イタリア料理では、スカンピと呼ばれています。
 グリルにしたり、パスタにしたりしますね。
(ネット通販で調べたら、結構なお値段がついてました……)

駿河湾は、実はこの手長エビの漁場です。
禁漁期間が終わり、今期初漁に出るという知らせを、知り合いの漁師さんから聞いたお姉さんが、 なんと、浜で獲れたてをゲットして、送ってくれたんです!
ありがとうございます~!

私も夫も息子も、手長エビが大好物です。
地元では、お寿司屋さんで目にすることが多く、生を寿司ネタとして食べることが多いかもしれません。 
または、、背中から割って、姿焼き。

今回のは、とっても大きい! おにいちゃんがメジャーを取り出しました
b0116162_110918.jpg


こんなに大きいのは、やっぱりグリルがおいしいね。
ということで、お腹から縦半分に包丁で開いて、オリーブオイルをかけて、オーブンで焼きました。 新鮮なので、200度で5~6分ほど。半生に焼き上げます!
b0116162_1125125.jpg


身がジューシーで甘くてほんとにおいしかった!

さて、この手長エビ、高級食材ですからね、身を食べただけでは終われませんよ~。

この残った殻、この殻がおいしいんです。というか、これからいいだしが出るんです!!

というわけで、次回、この殻で作る絶品パスタをアップしますね~!

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 料理ブログへ

レシピブログ

b0116162_113528.gif

[PR]
by amase-hikari | 2008-01-05 11:15 | 魚料理・洋・イタリアン

クリスマス・ディナー★3分でできる前菜!

こんばんわ!
昨日はクリスマス・イヴ。わが家も簡単ながら、クリスマス・ディナーもどきの、夕ご飯でした。
といっても、12月に入って忙しく、年末でさらに忙しいので、手の込んだご馳走はできませんでした。本当は、丸鳥を買って来て、お腹にもち米などを詰めて、韓国のサンゲタン風にスープで煮込むような料理を作ろうかな~と考えていたのですが、時間的に無理でした。
だから、いつものごはんに毛が生えた~くらいの簡単なものばかりですが、テーブルセッティングすると、まあそれなりに見えますか…?
b0116162_21491611.gif

クリスマス・ディナー
b0116162_21435791.jpg


前菜は、サーモンのうずらの卵&オリーブ、プチトマトのピック
    ルコラとかぶとローストビーフのサラダ
メインは、鶏もも肉とじゃがいものロースト

ワインは、モルゴン(ギイ・ブルトン)→自然派のワインです
後ろのピンクの飲み物は、お兄ちゃん用・お子様シャンパンで~す。

デザートは、いちごティラミス(ここには写ってませんが、次回アップしますね) です。

b0116162_22105095.gif

前菜は買った素材をちょっとデコレーションした程度でアップするのも恐縮なんですが。
サーモンとうずら卵&オリーブ、プチトマトのピックは、3分もあればできてしまう、いわば突き出しのような簡単なものですが、見栄えがしてかわいい仕上がりになります。
b0116162_21534954.jpg

うずらの卵の水煮にスモークサーモンを巻き、オリーブやプチトマトと一緒にピックにさして、器に盛るだけです。
今回はお皿に盛りましたが、銀のトレイに並べたり、グラスに刺してもかわいいです。
ピックはパーティ用ピックをデパートの家庭用品売り場で買いました。

ルコラとかぶとロースとビーフのサラダは、ローストビーフはデパ地下で買った市販のものです。それを生のかぶと、ルコラとあわせただけです。ドレッシングはマスタードとオリーブオイルを混ぜたものです。

つづきはまたあさってに。
にほんブログ村 料理ブログへ ←励みになります! クリックお願いします。
レシピブログ ← 応援よろしくお願いします。
[PR]
by amase-hikari | 2007-12-25 22:25 | 魚料理・洋・イタリアン

いかのアンチョビにんにく焼き

こんばんわ!
うちはワインをほぼ毎日晩酌で飲むので、イタリアンをよく作ります。イタリアンのおかずって、がさがさと簡単に大雑把に作ってもそれなりに様になるし、派手な感じに仕上がるからかなぜか豪華に見えちゃう。 このおかずもそんな簡単イタリアンおかずのひとつです!
今回は、たまたま、いかが安かったので使いましたが、かじきや鮭、はまぐり、すずきでもおいしいと思います!
b0116162_22384792.gif

いかのアンチョビにんにく焼き
b0116162_22382142.jpg

材料は、いか。今回はやりいかです。オーブン皿に丸ごと入るくらいの、小さめのやりいかです。これをわたも抜かず、丸のまま使いました。 7~8尾くらい。
もし、するめなどの大きいいかのときは、ワタを除いて、身を輪切りなどにしてもいいかとおもいます。

材料はそのほかに、アンチョビフィレ2~3枚、にんにく2かけ、オリーブオイル適宜、ハーブ(オレガノなど)、プチトマト、塩 以上です。

b0116162_22432351.jpg
にんにくとアンチョビはみじん切りにして、合わせてさらに包丁で細かく刻みます。








これをボウルに入れて、オリーブオイル少し加え、塩少々をふり、いかを入れて混ぜて、5分ほどおいてなじませます。


b0116162_2245241.jpg
耐熱皿にいかを並べ、ボウルに残ったアンチョビにんにくものせ、プチトマト半割り、ハーブをのせ、オイルを適宜かけて、オーブンへ。
180度のオーブンで15分ほど焼きます。
熱々がおいしいので、早く食べてね。

最近、シチリアの赤ワインでおいしくて安いのを見つけました。この日もそれでした。今度アップしますね!

b0116162_22505563.gif


さて、先週のこと、息子が学校の美術の時間に、クリスマスカードを作ったからと、持って帰ってきました。色紙を重ねたり、切り抜いたり、立体にしたりして、自分で考えて楽しいカードを作るという授業だったのだそうです。
さて、 作ってきたカードが↓ です。
b0116162_22565594.jpg

なかなか素敵でしょ! 彼なりに一生懸命作った自信作らしいのですが……。

でもほら、よく見てください。左にHAPPYBIRTHDAY が書いてあるでしょ。
「ここ、左のHAPPYBIRTHDAYは、間違えちゃったの?」
私が不思議そうに聞くと、
「これね、Iちゃんにあげようと思って作ったから」 と息子が答えたのです。

えっ!
Iちゃんとは、ピアノ教室で、息子の前にレッスンしている、かわいい同い年の女の子です。

「Iちゃんは、12月のクリスマスの近くが誕生日だから、両方書いといたんだよ」 だって。

なんだよ。ママにくれるカードじゃないのかよ。
てっきりママへのカードかと思っていた私は、けっこうショック! 息子もそんな歳になってきたのかな~、なんだかさみしいな~。 

さて、昨日、ピアノのレッスンの待ち時間にカードを渡してましたよ。 
でも、あげるときの息子のせりふが面白いの。

「これね、両方メリークリスマスって書こうとして、片方間違えちゃったから。今月誕生日の人にあげなきゃならなくて……。」 みたいな理屈を言いつつ、渡したんですよ。
素直に渡せばいいのにね~。
ちなみに、今はまだ息子の片思い中です。

ランキングに参加しています。クリックして応援してください。
にほんブログ村 料理ブログへ

レシピブログ
[PR]
by amase-hikari | 2007-12-19 23:25 | 魚料理・洋・イタリアン

干物でイタリアン oishii

おはようございます。ただ今午前3時。たまった仕事を片付けていたらこんな時間に…。
なので、さくっといきたいと思います。
忙しくて買い物にも行けず、冷蔵庫の買い置きの干物料理ですが。
干物はさばです。わりと大きめなので、普通に焼いてもよかったんですが、夕食に干物もどうよ?ということで、干物でイタリアンにしました。
パン粉ふってオイルかけて、オーブンで焼くと、見た目はイタリアン♪。
ある方はパン粉にパセリのみじんやハーブを混ぜてもらうと、さらにGood! 
b0116162_33108.jpg

干物はそれ自体に塩気があるので、塩は必要ありません。
オーブンで焼いてうまく焼けるの~?と私も始めは戸惑ったのですが、やってみたら、ぜんぜんOKでした。一度にたくさん焼けるし、魚焼きグリルに入りきらないサイズも焼けるので、ときどきオーブンで焼いちゃいます。
b0116162_36579.jpg

                   
b0116162_383786.jpg

空いたスペースにオイルでマリネした野菜ものっけて、一緒に焼くとおかずは一度で終了です。
じゃがいもはレンジで2~3分チンして、あらかじめやわらかくなっています。
干物にパン粉とオイルをかけると、イタリアン風になる&身がパサパサしません。
今日はレモンがなかったので、かぼすを添えました。

これで、子どもはごはんのおかずに。息子はあくまでもしょうゆかけて食べますが。
パパはワインのつまみに。

2つのランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログへ
b0116162_3162070.gif
[PR]
by amase-hikari | 2007-11-20 03:20 | 魚料理・洋・イタリアン

あじのガーリックパン粉焼き

デパ地下でお刺し身でも買おうかな~と物色していたら、その日はお刺し身の特売品が無かったのでヤメ! アジがお手頃だったので買いました。小さめのアジだったから安かったのかな。その場で頼んで、三枚におろしてもらっちゃいます。 スーパーでも鮮魚コーナーがしっかりしているところは、頼むとやってくれますよ!
三枚におろしたアジで、にんにく風味のパン粉焼きにしました。オーブンまたはオーブントースターで作るので、フライパンを出さなくていいからラクチンです。
あじのガーリックパン粉焼き
b0116162_15463243.jpg



上にのっているのは、プチトマトの焼いたもので、梅干しじゃありません! プチトマトをつぶしながらソースがわりにして食べるという具合なんですが…。










b0116162_15491817.jpg

こちらが焼き上がり。今回はオーブンで作ったのですが、オーブントースターのほうが焼き色がきれいでカリッと焼けると思ったので、オーブントースターをおすすめします。

材料 2~3人分
アジ・三枚におろしたもの 4~5尾分  塩、こしょう 各少々  おろしにんにく 1かけ分 オリーブオイル適宜  パン粉 適宜  好みのハーブ 適宜   プチトマト 適宜
① アジは塩、こしょうし、にんにく、オリーブオイル少々をまぶしてしばらくおく。② ①にパン粉をまぶし、耐熱容器に並べ、ハーブを散らし、オリーブオイル適量を回しかける。 ③ 190度くらいのオーブン、またはオーブントースターで焼く。 半分くらい火が通ったら一度出して、プチトマトを加え、プチトマトに焦げ色がつくくらいに焼く。


魚屋さんで下処理してもらったら、包丁もフライパンも使わないでできちゃいますね。レシピ書きながら気がつきました。両面こんがりさせたい時は、一度出したところで、魚をひっくり返してください。

********************
ブログを見てくれている友人から、クロスやランチョンマットについて質問をもらったので、ちょっと書きますね。
刺繍やレースのテーブルクロスやランチョンマットは、すべて、イタリア・フィレンツェにある、 「 TAF 」 というリネンのお店のものです。 Via por S. Maria の ベッキオ橋に向かって右手にあります。 フィレンツェ在住のchihoさんのホームページ、ラ・カーサ・ミア のフィレンツェの楽しみ方・お散歩コースの中でも少し触れられています。

購入したのは、12~13年前、まだイタリアがリラの時代でした。
b0116162_16252957.jpg
レースのランチョンマット。これはたしか、1枚から売ってくれました。トスカーナの伝統的なスタイルだそうです。



b0116162_16275981.jpg



刺繍とアップリケが可愛いのですが、いまだに使い方がよくわかりません。グラスなどの下に敷いて、おつまみやお菓子を置いたりするのでしょうか。 私はそういう風に使っています。







b0116162_16385219.jpg

色布に素朴な手刺繍のランチョンマット。 同じシリーズの中でナプキンの柄を選んで、セットで販売という感じでしたね。 1セットから買えました。

テーブルクロスは何人用と大きさがいろいろあり、ナプキンとセットになっていました。 
TAFは店構えは小さい(たぶん今も小さいと思います)ですが、リネン好き、布好き、料理小物好きにはもう宝の宝庫です! 
フィレンツェに旅行を考えている方! ぜひ、おすすめです。


2つのランキングに参加しています。気に入っていただけたら応援お願いします。
クリックしていただけたらうれしいです→ にほんブログ村 料理ブログへ
こちらもよろしくお願いします → レシピブログ
[PR]
by amase-hikari | 2007-10-11 17:09 | 魚料理・洋・イタリアン

えびとじゃがいものグリル

近所のスーパーで、天然有頭えび(インドネシア産)が1尾100円で売っていました。けっこう大きい! これはいい! 夏休みの最後の週末だし、ちょっと豪華にみえるものと探していたので、うってつけ。このえびをグリルにすることにしました。
えびとじゃがいもののグリル
b0116162_1129793.jpg

えびをお腹から半分に切り開いて焼くだけなんですが。イタリアのヴェネチアの名物、スカンピ(手長えび)のグリルのようにも見えて、派手な仕上がりになるので、ごちそう感がでますね。手長えびは漁の期間も短いためか、レストランでも時期しかおいてないし、高級料理です。今回は、1尾100円で気分だけでも味わえて、なんだかとっても嬉しい!
付け合せは息子のリクエストで、じゃがいもを。バジルソースをかけましたが、これはお好みで。塩とレモンで食べてももちろんおいしいです!!

材料 3~4人分
えび(できれば有頭のもの) 食べたい分だけ。ご予算に応じて
塩、オリーブオイル 各適量
じゃがいも 大1~2個くらい
バジルペースト、レモンなど好みで
b0116162_1144327.jpg
えびは腹側のやわらかいところから包丁を入れ、サクッと切り込みを入れます。そこから手でバリッと開いて。ちょうどあじの干物みたいな、開きにします。包丁が怖かったら、キッチンバサミで切ってから開いてもいいと思います。

b0116162_11504570.jpg

じゃがいもは、皮付きのまま大きめのひと口大に切り、耐熱皿に並べ、ラップをして3分ほど電子レンジで加熱しておきます。
オーブンの天板に、えびを並べ、じゃがいもも並べ、塩適量、オイル大さじ1ほどを全体にふって、180度のオーブンで7分ほど焼きます。

殻が赤くなって、身が白くプリンとしたら焼き上がりです。火を通しすぎないように。オーブンの時間は目安です。
b0116162_11575593.jpg
1~2人分くらいなら、オーブントースターでも焼けます。時間は10分くらいかな。魚焼きグリルで焼いてもOK。ただし、魚焼きグリルは焦げやすいので、うっかり丸焦げにならないよう、注意してくださいね!



焼き上がりに、エキストラ・バージン・オリーブオイルを少々かけると、艶と香りが増します。

****************
息子の夏休みの宿題はほぼ終了。ただし、工作が残っている! どうしよう! なんでもっと早くやらなかったの~と私がカミナリを落としていると、夫の実家から電話が。「お盆に来なかったね~。夏休みはもうこないの?」「いえ、実は夏休みの工作が残ってるんです~」と、ぐだぐだと愚痴をこぼしていると、「おじいちゃんが竹で虫かごの作り方を教えてあげるよ。そういうのでもいいの?」。 いいです、いいです。助かります~。ぜひ、お願いします。というわけで、息子と夫は、朝早くから祖父母の家に出かけました。


2つのランキングに参加しています。気に入っていただけたら、応援よろしくお願いします。
クリックしていただけるとうれしいです。にほんブログ村 料理ブログへ
こちらもよろしくお願いします↓
b0116162_12164524.gif

[PR]
by amase-hikari | 2007-09-01 12:22 | 魚料理・洋・イタリアン