<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドイツワインの奥深さ

こんばんわ。一昨日戻りました。
長い間更新できなかったにも関わらず、ご訪問していただいてありがとうございます。
さて、また今日から更新がんばりますので、よろしくお願いします。

さて、これからしばらく、ドイツ・イタリアのおいしいもの話をしていこうと思いますので、
お付き合いよろしくお願いしますね。
b0116162_135288.gif

今回の旅の目的は、「ワイン」。 これに尽きます。
友人(日本人です)がドイツ・フランクフルトから車で1時間ほどのところにある町、ガイセンハイムに住んでいます。ガイセンハイム大学で、ワインの勉強をしていて、今年卒業します。
ドイツにはワイン造りを教える職業学校は沢山あるそうなのですが、大学として専門に教えるのは、この大学だけなのだとか。
友人は大学で勉強する傍ら、実践を積むために、すでにワイナリーで働いているのです。
で、その彼女が、
「今、アメリカでリースリングブームが来てる。 次はドイツワインが日本でも流行るよ!
若くてやるきのあるいい造り手がどんどん出てきているから、ぜひ見に来て!!」
とラブコールをもらいました。
職業柄、ワインは常にチェックしていますが、今までドイツワインはまったく手をつけたことがない分野でした。
友人が卒業してしまったら、こんな機会はもう二度とないかも。
そう思って、夫に息子をお願いして行くことに決めたんです。

ついでに車でイタリアまで行って、イタリアのワイナリーも回っちゃおう!
おいしいものもいっぱい食べちゃおう!
b0116162_1355656.gif

さて、ドイツ到着の日。
なんと飛行機が2時間半も遅れて、着いたのは、現地時間の20時半過ぎ!
荷物をピックアップして出たら、21時半でした。
友人の迎えの車に乗って、急いでお気に入りのレストランに行ってはみたのですが、
料理のオーダーは残念ながら終了!! バーだけならということで、
ドイツで最初に食べたもの、白ワイン&黒パン です。
b0116162_131836.jpg

ワインリストをチラッとみて驚きました。 だって、種類が多い、多すぎ!!
ドイツの白ワインとひと口に言っても、辛口、中辛、甘口、発泡酒とあって、
それにリースリングなどのぶどうの品種、等級 と合わさって、選べない!!
というわけで、友人が選んでくれたのは、
リースリングの辛口で等級違いを2種、それとゼクトと呼ばれるドイツの発泡酒。
ドイツは甘口ワインが有名ですが、辛口もとてもいいです。
非常にフレッシュで、これから熱い夏場に飲んだら、すっきりするな~という味わいです。

おつまみは、黒パン! パン王国ドイツ、うまいです!
この黒パンに塗って食べるのが、クヴァルクと呼ばれる、ドイツ特有の乳製品(写真の右後ろ)。
ヨーグルトとカッテージチーズのちょうど中間のような、酸味のあるフレッシュチーズです。
私的に、このクヴァルク、かなりツボでした!!
ドイツでは非常にポピュラーなものだそうですが、日本では見かけません。

代用するとしたら、プレーンヨーグルトを水切りしたら、日本でも近いものが食べられるかな~? こんど実験してみようかと思います。

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by amase-hikari | 2008-04-30 01:37 | 旅の話

久しぶりに

一週間ぶりの更新です。
やっとどうにかこうにか、仕事の山が終わりました。
やれやれ。
終わらない仕事はない…。 そうです。そう思って、がんばりましょう!

なぜ、こんなにも忙しかったのか。
実は、本日より、10日間、ドイツの友人のところに行くのです。
で、もうその間の仕事をすべてかたずける必要があったのですね。
b0116162_823557.jpg



本日のミルク様。 すっかり大人になりました!!
ソファーに陣取る姿も堂にいっています。いまやソファーはミルク様のものです。






ドイツの友人はワイナリーで修行中なので、車でドイツからイタリアのワイナリーを見てこようと思ってます。友人に「日本食パーティをやってね。みんな楽しみにしてるから!」と、かなりプレッシャーのかかるメールをもらい、スーツケースの中は、かつお節やのり、みそ、お茶などでいっぱいです。その模様はまたブログでご紹介できればと思っています。

b0116162_873244.jpg



ミルクは窓に人の気配を感じると、一目散! ソファーの上にのっかって、窓に向かって吠えまくります。いい番犬です。







というわけで、行ってきます。
しばらく更新ができません。
[PR]
by amase-hikari | 2008-04-17 08:10 | ミルクの日記

いわしの梅干し煮

こんばんわ!
学校の春休みも終わり、少し時間もできてきました~。 というわけで、ブログをぼちぼち更新していきますので、よろしくお願いします!

少し前に作って写真撮ったものなんですが、いわしの煮付けです。バリバリ和風な、おばあちゃん料理風のお惣菜ですが、煮魚よく作るんで、アップしてみました。
b0116162_23575530.jpg

煮魚はみなさんも作られると思うので、ざっとしたレシピで。

いわしは、頭と内臓を除いて、よく水洗いしたら、水気をよくふきます。
鍋に、酒1/2カップ、水1/2カップ、しょうゆ大さじ1~2 みりん大さじ1の割合で煮汁を作って、火にかけて、しょうがといわし、梅干し1~2個を入れて、アルミホイルなどで落し蓋をして、中火で10分くらい煮るだけです。

青魚は、弱火でたらたらと時間をかけて煮ると臭みが出ます。
焦がさない程度の強めの火加減で、鍋の蓋はしないで、一気に煮た方がすっきりした味に仕上がります。
これは、以前に、和食の料理人の方に教えていただいたテクニックです。

スーパーにはグリンピースや、たけのこなどおいしそうなものがいっぱい。
ここ1ヶ月、納得のいく料理をしていなかったので、心を入れ替えて、精進したいと思います!
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by amase-hikari | 2008-04-10 00:24 | 魚料理・和・中華

ご無沙汰してすみませ~ん

ブログの更新がすっかりご無沙汰していてすみません。
仕事がパンパンで、子どもも春休みで、心の余裕がなくて、
すっかり後回しになっていました~。
ブログ、もう閉じてしまおうかなとも考えたのですが、皆さんの温かいコメントを見ているうちに、ぼちぼちでも、自分のペースでのんびりやっていこうと思います。
どうぞ、お付き合いよろしくお願いします。
b0116162_21307100.gif

今日は、前回の秋田の続きの写真がまだアップしていなかったので、それをやってしまいますね。

秋田といえば、有名な温泉がたくさんありますよね。
一番有名なのは、乳頭温泉でしょうか。
私たちが行った田沢湖のスキー場は、秋田新幹線の田沢湖駅から、車で15分ほど行ったところにあるんですが、そのすぐそばに、水沢温泉、乳頭温泉など、湯力のある温泉が目白押し。
また、田沢湖駅から、路線バスで玉川温泉(冬場は新玉川温泉まで)行くこともできるんです。

私たちが好きなのは、水沢温泉郷にある、「露天風呂・水沢温泉」。
ここは、湯治客も受け入れている日帰り入浴の施設なので、スキーの帰りに必ず寄ってしまいます。
b0116162_2125670.jpg
そして、ここは湯船が深い!! 深さ1メートル! おにいちゃんは身長135㎝なので、ちょうど胸辺りになります。ほとんどプール! だから大喜びなんです。
お湯はご覧の通り、真っ白で、けっこう熱めです。

←モデルはおにちゃんです。男湯と女湯を行ったりきたりして、すでにゆでだこ状態です






b0116162_2221078.gif

そして、今回、初めて、乳頭温泉の「鶴の湯」に行きました。 乳頭温泉のほかの宿の日帰り入浴は行ったことあったんですが、やっぱり日本一有名な鶴の湯さんに行ってみたい~ということで、今回はレンタカーも借りたしね。
b0116162_2129081.jpg
b0116162_2131325.jpg









左が入り口の写真、右は宿泊棟の外観です。
噂通り、本当に素敵でした。どこをとっても、山の宿の風情、絵になるこのこだわりはすごいです。

さて、お風呂はもっとすごかった!
露天は、混浴と、女性専用 がありますが、混浴のほうは、かなりオープンな作りで~す。
昼間だったので、混浴は男性しか入っていませんでしたが、柵があるようでないようです。
b0116162_21361363.jpg

混浴に入っているおにいちゃんやパパに、「お湯加減はどう?」と話しかけたり、写真とったりできちゃいます。
あと、露天風呂の床?が、砂利でした~。 
ほんとに、自然の中のお風呂といった感じで、開放感はバツグンでしたよ。
お湯もぬるめなので、何時間でも入っていられる、入っていたいお風呂です。
内湯も男女各2つづつありますが、シャワーなどはもちろんありません。

b0116162_2211551.jpg
温泉宿の敷地に、川が流れていたりして、、お風呂から上がったあとも、おにいちゃんは楽しそうに遊んでいました。

来年もまた来れるといいな。
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by amase-hikari | 2008-04-06 22:12 | その他